異変を感じたらすぐに受診|双極性障害患者のいろいろな症状

双極性障害の判断

うつと双極性障害

双極性障害は、最初に医療機関を受診する際は、うつ病だと思って受診する人が多いと言われています。それは、双極性障害の症状として、抑うつ状態に陥る事があるからです。過度に楽天的で気分がいつでも高まった状態の躁状態と、落ち込んで塞ぎがちなうつ状態を繰り返す症状を示す双極性障害もあり、その為にうつ病と間違われしまう事が多いです。双極性障害は、うつ病に比べてまだ一般社会への認知が行き届いていない部分があります。それは、双極性障害が一見すると病気のようには思えないからです。その症状としては、幸福感や自信に満ち溢れているといったもので、気持ちの昂ぶりが顕著で、食べる事や練る事をしなくても平気なくらい活動的になります。結果的に明るくて精力的な人だと思われるだけという場合もあります。しかし、それが良い結果を産むのなら良いのですが、時には無計画な借金を積み重ねる事や、様々なトラブルを起こす事もあります。性格や基質の問題ではなく、れっきとした病気で治す事が出来るものなので、早めに気付いて治療を行なう事が大切です。

双極性障害?型・?型

双極性障害には?型と?型があります。?型を躁状態、?型を軽躁状態というように、その症状の出る度合いに注目して分類が行われます。特に、?型はあまり躁の度合いが出ない人もいるので、単に感情の起伏が激しい人だと捉えられがちです。軽躁状態と単なる性格や気質といったものかを判別するのに便利なのが、浪費の有無が遣われます。無駄遣いや、ちょっとお金にルーズというのは、そんなに珍しいものではありませんが、収入の額を大きく超えて、借金を重ねてまでも浪費を止められないのなら、それは通常の性格や気質の範囲を逸していると言えます。自分では気づく事のなかなか難しい症状なので、周りから発見する事が大事だと言われています。

双極性障害の症状と注意点

双極性障害とは気分が高揚し、支離滅裂な言動を発する状態になる躁病と強い憂鬱感が長く続き、普段通りの生活を送ることが難しくなるうつ病の両方をもつ気分障害です。双極性障害の原因は解明されていないです。症状は躁病の時は気分が高揚し活動性が現れます。社交性も増大するので、多弁になったりします。睡眠欲求が減少し妄想と幻覚に襲われる症状がでます。うつ病の症状は、興味や喜びが喪失し活動性がなくなります。集中力や注意力などもなくなります。また自傷や自殺行為を行ってしまう場合もあります。躁病、うつ病の症状はほとんどが正反対です。病気が一つだけでも大変ですが、双極性障害の場合その症状が混合状態で現れたりするので注意する必要があります。

身近な人たちの対応の仕方

双極性障害は病気になってしまった本人と同じように家族や身近な人たちにとってはつらい病気であり、大きな負担になると思います。躁病の時は本人は病気だと認識できない場合があります。家族が様子が変だと思ったら医者に相談すると良いです。もし双極性障害になっていまったら自殺をしたいと考えたり、自殺未遂をしたりすることも一つの病気の症状です。絶対に見逃さないようにすることが大事です。また体調が良くなってきたり、病気が治った場合は生活のリズムを乱さないようにすると良いです。徹夜や旅行などは控え毎日規則正しい生活をすると良いです。躁病の時とうつ病の時では、全く人が変わります。躁病の時の言動等はうつ病の時に責めたりしないようにします。どちらの状態の時も温かい目で見守ってあげることが大事です。